看護師求人ちゃんねる

看護師の本音や仕事の裏側もわかっちゃう!

人の死に直面しても泣かなくなった…慣れって怖いよね。

      2015/05/06

5:白衣の天使は実は名無しです
手術の現場に初めて同行させてもらったときは中絶手術でしたが、初めての時は患者さんよりも無関係の私がよく涙してました。
でも今は1滴たりともでなくなりました

2:白衣の天使は実は名無しです
感覚麻痺するからね
慣れって怖いよ

6:白衣の天使は実は名無しです
友達が看護師なんだけど感覚がおかしくなるって言ってた
人の命に携わる仕事なんだけど命を救うことも逝かせることもあるから精神状態やばいらしいよ

9:白衣の天使は実は名無しです
はっきり言って人の死では泣けないよ
涙もろい人の気がしれないと思えるほど人格変わったよ

19:白衣の天使は実は名無しです
友達働いてるけどワガママな患者さんだっているし女ばかりの職場だし仕事内容だけど気強くなくちゃやってけないって先輩に看護学生の時点で言われたって言ってたよ。
確かに友達気強い。

34:白衣の天使は実は名無しです
患者に癌宣告や死亡報告する際に同行するときあるけど、泣きじゃくる家族を前にしても(今日はご飯何たべようかなぁー)って思ってます

73:白衣の天使は実は名無しです
ナースもビジネスの世界に変わってきましたし
遣り甲斐なくなりそうだ
と思う今日この頃

121:白衣の天使は実は名無しです
末期がんの患者さんの家族が苦しみから解放してやりたいから旅立たせてくれと泣きつかれたことあったが
本人には知らせてないのに無理な話だった
その後、その家族のヒソヒソ話が聞こえてきて、金かかるからはやくころしてくれりゃいいのに….と。
えげつないのは医者や看護師だけではないということは知って欲しい

37:白衣の天使は実は名無しです
看護師歴長いと人間味なくなりますね。時々、この仕事について後悔するときもあります。
時間外手当つくわけでもないのに、徘徊して無駄に仕事増やされるような患者がいると、階段から突き落としてやろうかと心の中では思います

39:白衣の天使は実は名無しです
たいしたことない人が救急車で運ばれてくると首しめてやろうかと思うときはあったww

45:白衣の天使は実は名無しです
日中、診察受けるのに何時間も待たされるのはごめんだと言う理由で夜に救急車呼ぶ人多いです。
元気に歩いて救急車の方まで来て乗りこまれる方もいますよ
単なる風邪です

8:白衣の天使は実は名無しです
『お客様』な患者の死と身内の死を同等に考えないだろ
患者に対する同情には徐々に慣れるかもだが
身内に対してもそうではないだろw

11:白衣の天使は実は名無しです
まぢ話だけど、子供事故で亡くした看護師がいるんだけど泣いてなかったよ
なんか本人いわく職業病で、頭のスイッチ瞬時に切り替えられるんだとさ
死にたいしてメソメソしてる暇ないから次の患者、次の患者と繰り返していく度に身に備わってくるみたいだよ

14:白衣の天使は実は名無しです
身内の死期でも症状見て
あとどれくらいの寿命か頭で判断しちゃうからね
ああ、あと2日だねみたいな
なんていうか驚く事がまずないよ

101:白衣の天使は実は名無しです
死を見ても微動だにせず涙もでなくなったら何か自分が人間なのかさえわからなくなってきたわ

105:白衣の天使は実は名無しです
みなが立ち止まる死と慣れ
深く考えちゃいかん
前進あるのみ

108:白衣の天使は実は名無しです
それこそプロだよ
心でジャージャーに泣いてるのがナース魂
思い深いおばあさんの最期に泣き崩れたのが私がナースとして泣いた最後だよ

職場に悩んでいる人へ

同僚との人間関係が面倒、給料が安い、サービス残業が多いなど今の職場に不満がある人は多いと思います。
不満の解決方法で一番良いのは職場を変える事です。
実際に自分に合った職場が見つかるまで何度も転職している看護師さんはたくさんいます。

また職場を変えた時に給料が増えたという看護師さんは減ったと言いう人に比べて倍以上います。
不満が解消されるだけでなく給料も増えるなんて良い事づくめですよね。

看護師さん達が新しい職場を探す時に使うのが転職サイトです。
テレビCMなどで見た事ある人も多いと思ます

・看護のお仕事
・ナースではたらこ
・ナース人材バンク

この3つが有名な転職サイトになります。
求人数が多いので全国どこに住んでる人でも良い転職先が見つかると思います。

 - あるある

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

関連記事はありませんでした